【上級者】衣装や小道具に照明を仕込むなら?

 

 

LEDテープを移動する装置に仕込みたい!

ぴかぴかする小道具を宙に浮かせたい!

光り輝く衣装を着せたい!

でもケーブルはなくしたい!!!

そんな事、ありますよね。

ワイヤレスDMXのマルチバースの小型ディマーを使えば、楽勝です。

どんな時に使えるのか

転換ではける装置にLEDテープを仕込みたい。

簡単にアクセスできない高所や閉じられた場所にLEDテープを仕込みたい。

頭にLEDテープを巻きたい。

そんな時に役立ちます。

何ができるの?

小型ディマーは、LEDテープと繋ぐだけで、電力を供給して光らせることも、遠隔から操作することも可能になるのです。

具体的に出来ることは以下の通り。

  • 無線でDMX信号をキャッチしてPWMに変換できます。
  • LEDテープを調光できます。
  • LEDテープに電力を供給できます。
  • DMX信号の出力(有線)ができます。

具体的にどうやって使うの?

使い方は簡単です。調光卓からの信号をDMX送信機で送り、小型ディマーで受信するだけ。

小型ディマーには5~30Vのリチウムバッテリーを繋ぐことができ、LEDテープを光らせる電力を供給することができるので、電源ケーブルも不要です。

送信機はもちろん、Showbaby(送受信機)Node(送受信機)Transmitter(送信機)、なんでも大丈夫です。

もちろん、LEDテープだけではなく、LEDの小型スポットライトを接続することもできます。

DMXの出力もできる

LEDテープだけではなく、他の灯具にもワイヤレスDMX信号を送ることができます。

例えばこのように、階段に仕込んだLEDテープと一緒に近くのムービングライトなどにDMX信号を送ることができます。

2種類のディマーの違い

小型ディマーにはQolorFLEX 5x2.5AとQolorFLEX 2x2.5Aの2種類があります。

大きな違いはサイズと、出力ポート数の違いです。

大きいほうのQolorFLEX 5x2.5Aは出力ポートが5個。RGBWの調光に対応できるので、フルカラーのLEDテープに最適です。

小さいほうのQolorFLEX 2x2.5Aは出力ポートが2個。単色のLEDテープに最適です。

詳細は下記のマニュアルをご確認ください。

ワイヤレスDMX 小型ディマユニット マルチバース QolorFLEX 5x2.5A [CTI_5943]

■クイックスタートガイド(日本語)

■マニュアル(日本語)

ワイヤレスDMX 超小型調光ユニット マルチバース QolorFLEX 2x2.5A [CTI_5916]

■クイックスタートガイド(日本語)

■マニュアル(日本語)

大事な注意点

デフォルトは有線用の設定になってます

なんでなんですかね。意地悪ですね。設定を変えましょう。

DMXcatを繋いでRDMで設定する

一番右のDMXスルーポートにフェニックスケーブルを使ってDMXcatを繋ぎましょう。

繋げたら、スマホのDMXcatアプリからRDM機能を使って設定を変えられます。

確認する

デフォルトは有線モードなので、最初はSTATUSランプが緑に光っているはずです。

STATUSランプが青く光っていれば、ワイヤレス接続に成功です。

STATUSランプが赤く光っている時は接続失敗です。点滅の仕方でエラー内容がわかるので、上記のマニュアルをご確認ください。

SIGNAL QUALITYで信号強度のランプが3つ以上点灯していることも忘れずにご確認を!

小型ディマーで仲間に差を付けろ!!

いくらでも使い方があるマルチバースの小型ディマー、なんとなく魅力がおわかりいただけましたでしょうか。

装置に、衣装に、小道具に。

是非ご活用ください!!

あると便利な仲間たちもご紹介

事例紹介

ダンサーの衣装を光らせる!

踊るダンサーたちの衣装に仕込んだLEDテープや光ファイバーを小型ディマーとワイヤレスDMXでコントロール。
夜の野外公演

常設の美術館内劇場に施工

フェイクウィンドウや壁のアクセントグリル、プロセニアムグリルをLEDテープとワイヤレスDMXで見事に演出。
ピーリーズ・エジプシャン・シアター

ブロードウェイの劇場で

エレベーターやターンテーブルの上で動き回る役者たちのヘッドセットをワイヤレスDMXでコントロール。
Hadestown