新型コロナウイルスでダメージを受け続けている裏方スタッフさんへ。





見積もり依頼


コロナの影響で苦しい経営・生活をしいられている法人・個人事業主、フリーの方々

・中小・小規模事業者等への支援(持続化給付金)
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

・小規模事業者等の販路開拓等を支援(持続化補助金)
[PDF]https://www.meti.go.jp/covid-19/support/03/03_03.pdf

・地代・家賃の負担を軽減(家賃支援給付金)
https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

・休業手当等を支払った雇用維持事業主に助成(雇用調整助成金)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

・一時的な資金が必要な方のための緊急の貸付(個人向け緊急小口資金等)
https://corona-support.mhlw.go.jp/

・自治体が実施する事業を支援(新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/rinjikoufukin/index.html

・自治体からの支援(新型コロナウイルス感染症に係る支援の取り組み[都道府県・政令指定都市])
https://www.jafra.or.jp/docs/6834.html


この先エンタメ業界で事業を続けるための資金を必要としている方々

スタッフさんの「活動継続・技能向上等」も助成金に含まれております。

支援策の概要 (文化庁令和2年度第2次補正予算額 2020/6月時の情報)
(1)標準的な取組を行うフリーランス等向け(活動継続・技能向上等支援A-①)
(2)より積極的な取組を行うフリーランス等向け(活動継続・技能向上等支援A-②)
(3)小規模団体向け(活動継続・技能向上等支援B
(4)中・大規模団体向け(収益力強化事業) ※ 小規模団体も応募可。


助成金申請のアイデアとして。。。
  • ビジュアライザーのついたコントローラー(グランマ、エボライツ、キャムシス、ETC, ハイエンド)を技術向上・遠隔で演出の提案。
  • ビジュアライザーのついたコントローラー技術向上のための裏方屋からのレッスン費
  • 活動継続のため、LEDライト、ムービングライト等の機材のご購入。
  • 地域住民参加型の活動、文化芸術体験の創出事業の為に機材ご購入
  • 無線・遠隔で「密」を避けるためのワイヤレスDMXと完全無線バッテリーライトの使用。
  • チケットを払い戻さず「寄附」することにより、税優遇 ・舞台裏ツアー
  • 役者との交流などの体験コンテンツのための撮影照明機材の手配
  • 舞台裏を世間で言われる、リモート化や非対面化のためのキューランプの導入

「助成金が下りると思うので、見積もりを早急に!」というご依頼を多く承っております。

・文化芸術関係者への支援(文化庁)
https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/2020020601.html#info00

・文化芸術関係者への支援(文化庁)
[PDF]https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/pdf/202006121800_01.pdf

・地方自治体による、イベント・エンターテインメント等文化芸術に携わる方々への支援の一覧(内閣府)
https://www.cao.go.jp/cool_japan/corona/chihou/chihou.html

見積もり依頼

最新の助成金の申請・認可等に関するお問い合わせは、直接各省庁・自治体のホームページよりご入手ください。
弊社が助成金の申請に関してのサポート、認可等の確認・保証はいたしません。助成金の申請の直接各省庁・自治体の担当の方とご相談しながら、ご自身でのご判断でご申請をお願いしております。

できるだけ数多くの方々が助成金を獲得できますように!